目尻切開は目頭切開に比べて変化がマイルド

美しい目

 

目尻切開とは

目尻切開とは、目の外側を数ミリ程度切開して横長に広げる手術になります。

 

効果が出る人と効果の出にくい人がいますが、キツイ印象のある人の場合には自然で柔和なイメージになります。切れ長の目元には魅力的といったイメージもあります。

 

また、目尻と下まぶたのラインを緩やかにすることで、優しい印象に帰ることができるのです。単独で行うことも多いですが、目元の印象を変えるために他の手術と合わせて行うことも多いです。

 

目頭切開+目尻切開では、パッチリした印象の目でありながら、すっきりと優しい印象に仕上げることができます。二重整形やたれ目形成・眼瞼下垂症の治療に合わせて行うことも多いようですね。

 

大きな切開ではありませんので、ダウンタイムも比較的短く、腫れや内出血もあまり長引かない手術といわれています。一週間後の抜糸が終わればほとんど通常通りに過ごすことができます。

 

目尻切開が向く人の条件

目尻切開が向く人の条件には、目尻に白目があるということがベースになります。

 

目尻を少し引っ張ってみると、中に隠れている目が見えます。すぐに赤い粘膜=結膜が見えてしまう人は、目尻切開は不向きとされています。

 

結膜が露出してしまうのはNGです。白目が1.5o以上隠れている場合には、目尻切開が向いているとされています。

 

たれ目の形成術である下まぶたを少し引き下げるグラマラスラインの形成術を行う場合、外側の白目の範囲が広がります。その際に少し目尻切開をすると、目が大きくなりますし、下まぶたのラインの形成がより自然に見えます。

 

目頭切開に比べて変化がわかりにくい

目尻切開は、目頭切開に比べて変化がわかりにくいといわれています。

 

目頭では、蒙古ヒダによって白目が隠れてしまっています。目頭切開とは、この蒙古ヒダを取り除く手術を言います。対して、目尻には白目が隠れているといっても1-2oです。

 

実際には個人差がありますので、白目が見える範囲までしか切開ができません。また、眼球のすぐ外側には眼窩骨があり、それを超えての切開はできません。そのため、目尻切開とは言えどもわずかな量の切開となります。

 

そのため、目元のラインそのものを変えない場合には、ほとんど変化がないという場合も多いようです。つり目の状態を、少しマイルドにたれ目に近くする場合には目尻切開での整形が大いに効果を発揮してくれるともいわれます。

 

さらに目頭切開に比較した時に分かりにくいとされる理由として、目頭は正面に対して平面的に存在しているのですが、目尻というのは正面に対して少し斜めに切りこまれているのです。

 

どうしても顔は平面ではありませんので、切開後に正面から見ても大きな変化が見受けられないとも。

 

ですので目元だけをアップで見るとずいぶん深みが増したのが分かるようですが、正面からでは分かりにくいです。横顔では、ずいぶん印象の違いを感じるといわれています。

 

クリニックでは、症例写真などもたくさんあると思いますので、見比べてみるとよいかもしれません。

 

目尻切開の主な失敗のケースは

目尻切開は、とても難易度が高いといわれています。目尻は上まぶたと下まぶたの皮膚が重なるほど密接しています。

 

また、眼球結膜と眼瞼結膜が目尻の内側で繋がっているのです。そのため、技術レベルの高さが要求される手術であるといわれています。

 

目の内側の状態についての知識はもちろんのこと、個人差に応じた施術法でなくてはいけません。そのため、施術そのものをおこなっていないクリニックもたくさんあります。

 

結膜浮腫に注意を

目尻切開で気をつけなくてはいけないのは、「結膜浮腫」です。白目の部分が腫れてしまい、ゼリー状になってしまいます。この腫れは起きやすいものなのですが、長期に渡ってしまう場合があり、その理由には目尻切開後の固定糸による締め付けが原因です。

 

この場合、何カ月も様子を見ても意味がありません。1-2週間程度で引かない腫れについては、固定糸の解除〜リカバリー手術が必要となってしまいます。

 

さらに気をつけなくてはいけないのは、執刀医の技術レベルには関係ありません。

 

切開した目尻の部分にはまつ毛がありません。あまりにも大きく切開してしまうと、不自然さが際立ってしまう可能性もあり、まつ毛の状態なども加味しながら切開の幅を決めていくようにしてください。

 

まつ毛は目の乾燥を防ぐ役割もあるので、まつ毛のない部分が大きくなるほどドライアイになりやすい傾向もあります。

 

目尻切開については、特にキャリアや実績のあるクリニックや医師のもとで、しっかりとカウンセリングを受けた上での施術がより重要なファクターです。