腫れやすい方の共通点や有効な対策について

頭を抱える女性

 

二重の幅を広くするほど腫れやすくなる

二重整形後の“腫れの度合い”というものが気になる人も多いのではないでしょうか。

 

二重の幅を広くするほど術後に腫れやすくなるといわれています。それでも、全切開法でくっきりとした幅広の二重まぶたを整形して、個人差はありますが1ヶ月程ではほとんど腫れは引いてきます。

 

逆に埋没法の2点留め程度の二重整形であれば早い人では3日目くらいではほとんど腫れが目立たず、1週間もすればほとんどの人が目立たなくなるといわれています。

 

クリニックでは、二重整形後にどのように腫れて、どのくらいの期間でどのくらい腫れがおさまるのかといった資料写真があると思いますので、カウンセリング時に希望する二重の幅と資料写真などを比較検討してみるとよいかもしれません。

 

個人差はありますが、“自然な二重”と思われる範囲での二重整形の場合には、腫れなども長引かずに予測の範囲内でおさまる事例が多いようです。

 

どんな二重を整形していくか、できるだけ術後の負担が少ない最善の施術法の提案となると思いますので医師とのカウンセリングが大事になってくると思います。

 

慢性的な炎症がある方も腫れやすい傾向に

二重整形後の腫れについては、慢性的な炎症がある方も腫れやすい傾向となっています。

 

特に二重整形を検討している人の中ではアイプチを使用している人が多いのではないでしょうか?どうしても肌が弱かったり、敏感であったりする場合にはアイプチの糊にアレルギー反応を起こしている場合が多いようです。

 

痒みが出る場合はもちろんですが、なんとなく目の周りが赤い場合も要注意です。またアイメイクのアイシャドウやアイライナーでアレルギー反応を起こしている場合もあります。

 

そういった慢性的な炎症があると、どうしても腫れが強く出てしまいがちといわれています。

 

施術前に少し肌環境を落ち着かせて、痒みや赤みがない状態からの二重整形手術がよいかもしれません。花粉症などのアレルギーがある場合にも要注意ですので、その時期を避けての手術を検討してみてください。

 

また、眼科などに通院している場合には、事前に眼科医にも相談の上で検討してみてください。

 

実際には個人差も影響してきますので、それぞれのまぶたや目元の状態、さらに体質や生活環境などを考慮して、腫れが長引きそうだと予測できる場合には医師からのアドバイスもあると思いますので、まずはしっかりとカウンセリングを受けることが大切になってきます。

 

アルコールは血流がよくなるので厳禁

二重整形の手術後、ダウンタイム(回復期間)が過ぎるまではアルコールは血流がよくなるので厳禁とされています。

 

血流が良くなってしまうと、腫れや内出血、赤みなどが長引いてしまう原因になります。特に手術当日や翌日あたりまでは、傷口からの出血がしやすい状態となっているため、厳禁です。

 

少し腫れが落ち着いてきた頃からは、少量であればOKになってきますが、体調などを考慮しながら術後のダウンタイムであることを優先して控える方が無難ですね。

 

とは言えども、お付き合いなどがあるとなかなか顔を出さないわけにはいかないという人もいるでしょう。

 

最近では、アルコール提供のお店ではノンアルコールドリンクが揃えられていることも多いので、ノンアルコールも選択肢にいれてみるとよいかもしれません。

 

喫煙は血流が悪化して傷が治りにくくなるのでダメ

二重整形の手術後、ダウンタイムには喫煙もNGです。喫煙は血流が悪化して傷が治りにくくなるのでダメといわれています。

 

そもそも、二重整形の手術に関係なくとも喫煙が良くないことは普段から取り沙汰されている通りです。特に手術後であれば、尚更という解釈をしてみてください。

 

喫煙をすることによって、血流が悪化します。特に末梢の血流が悪化していきますので、まぶたなどは影響を受けやすい部位であります。

 

また、むくみを起こしやすくなる原因とも言われ、いつまでも腫れぼったいまぶたが続いてしまい、腫れが引いていかないのか、むくんでしまっているのか、なかなか判別がつきにくくなってしまいます。

 

二重整形の場合には、違和感なく定着するのに時間もかかるものです。腫れが引いたからといって、すぐに喫煙の習慣を再開してしまうのは危険ですので、少なくとも1ヶ月、できれば半年くらいの禁煙がおすすめです。