目の下のクマは整形手術で消すことが可能

目の下のクマを気にする女性

 

目の下にクマができると、どうしても顔色が暗く見えがちで気になるものですね。いったい何が原因で目の下にクマができてしまうのでしょうか。

 

青クマ・茶クマ・黒クマと目の下にできるクマは3つの呼び名があります。それぞれに原因がありますので、ご紹介します。

 

青クマは血行不良が原因のクマになります。目のまわりにはたくさんの毛細血管が集まっていますし、特に目の下は皮膚が薄い場所になります。通常の血液の色は鮮やかな赤色をしています。

 

しかし、血流が滞っている状態では黒っぽい赤になってしまいます。それが薄い皮膚であるが故、表面に透けてきてしまっているということになります。特に毛細血管は血流が滞りやすいとされ、目の下のクマは目元の血流が滞ってしまっているのです。

 

睡眠不足、疲労、ドライアイ、ストレス、眼精疲労、冷えなどが原因と言われます。青クマができてしまっている場合には、ホットパックや目元マッサージ、眠ることなどが有効と言われています。

 

茶クマは色素沈着が原因のクマになります。アレルギーやアトピー性皮膚炎を患っている場合の痒みや乾燥であったり、化粧品アレルギーによる炎症であったり、落とし切れていないマスカラやアイシャドウなどが色素沈着してしまいます。

 

また、皮膚の奥の方でシミに似たような現象で起きる色素沈着もあります。

 

黒クマは、顔の構造上の凹凸が影になってしまってクマに見えてしまうクマを言います。目の下が窪んでいる場合や、目のまわりの筋肉がたるんでしまっている場合、涙袋などがあります。

 

整形手術でクマ除去が可能

まず美容整形外科で多数扱いのあるのが黒クマについてです。

 

こちらは、顔の構造上の凹凸が原因とされています。窪んでしまっている場合には、脂肪注入などをして凹みを解消していきます。また、ふくらみがある場合には小さく切開をして脂肪を除去します。

 

特に黒クマの場合には将来的に深いシワになる可能性もあるとのことで、黒クマの除去をおこなっている美容整形外科はとても多いです。

 

そして茶クマは、色素沈着ですので、美白成分を含んだ薬剤や皮膚の活性成分を含んだ薬剤の使用がメインのようです。どのような原因で色素沈着が起こっているかなどを調べながら治療をしていきます。

 

また、皮膚の深い部分にできる色素沈着についてはレーザー治療をおこなう場合もあるようです。もちろん、目元ですので医師の管理下で慎重な施術が必要です。

 

黒クマの場合には、血行不良を促進する効果のあるクリームや薬剤の注入、ホットパック・マッサージなどを中心とした治療法が多いようです。

 

また、目の下の皮膚が薄くなりすぎている場合もあり、皮膚の活性化を促す治療や、皮下組織と皮膚の間にヒアルロン酸を注入して少し離すといった施術法もあります。

 

ダウンタイムも比較的気にせずOK

目の下のクマ除去には、様々なアプローチ法があります。メスを入れると腫れや内出血などが生じ、ダウンタイムが必要になってきますが、クマ除去ではメスを入れない施術法がたくさんあります。

 

以前よりずいぶんと手軽に

以前はメスを入れる手術でしかできなかった脂肪除去ですが、「切らない脱脂術」として下まぶたの裏側から脂肪を除去することができるようになっています。

 

ほかにも、美容外科などでしか使用することのできない医師の管理が必要とされる高濃度美容成分が含まれる注射やクリームはダウンタイム等は必要ありません。

 

クマ除去については、ダウンタイムを気にしなくて良い施術がたくさんありますので、クマが気になる場合には美容外科でのカウンセリングを受けてみるのがいいですね。

普段の生活でクマを改善するには

ナッツ類

 

目の下のクマは、多少であれば化粧下地やアイメイクで誤魔化すことができますが、慢性化してくるとそうはいかないものです。

 

クマの改善に大きく関係するのが食生活の改善です。特に青クマの場合には血行不良が原因ですので、血行促進効果のあるビタミンEの多いナッツ類や植物油を摂取すると良い効果が期待できます。

 

コラーゲンを含む食品の摂取も血行促進や代謝促進、クマを目立たなくさせる効果があると言われます。茶クマでは、くすみ解消効果や血行促進効果を持つ鉄分を含む食品が良いと言われます。

 

さらに、ビタミンCを多く含むレモンやトマトなどではメラニン生成の抑制効果があり、且つ肌のターンオーバー促進効果があります。黒クマの場合には、むくみや老化も原因と言われます。

 

コラーゲンは代謝促進効果や抗酸化作用(つまりアンチエイジング、老化を防ぐ)もありますので積極的に摂取するのがおすすめです。

 

ただし、有効な栄養素はそれだけを摂っていればいいわけではありません。別の成分と一緒にとることで効果を発揮する栄養素もあります。

 

ビタミンEの例でいうと・・・

たとえば先述のビタミンEは、活性酸素を消すなどの効果がありますが、ビタミンCの働きによりその抗酸化力が復活するので同時に摂取するのが効果的です。

 

こういう性質を考えると、やはり基本的なことですが栄養バランスのいい食事を心がけることが大切なんですね。